伝統的な日本の建築法

家の模型と図面

住宅を建築する際に安い費用で作るには海外の製品が便利ですが、こだわりを持って家造りを行なう際は日本の製品が最も良いとされています。そのため現在海外の製品よりも、国内生産が徐々に再注目されるようになってきています。

Read more »

注文住宅で理想実現

キッチンとソファ

注文住宅は思い通りに自分の家を作ることができ、快適な生活を贈れる住まいを実現することができます。また注文住宅を建てる場合、一般の券売住宅よりも費用がかかることが多いので注意しましょう。

Read more »


一戸建て作りの注意点

書類を持つ男性

市街地などに一戸建てを建てる場合、敷地面積が狭いことも多く、思うような広さの一戸建てを建てられないと言うことも多いです。その場合、3階建てにして総床面積を増やすと言う方法もありますし、地下室をつくると言う方法もあります。 一戸建てに地下室をつくる場合、結露に気をつけなければいけません。結露の問題が発生してからでは、それを解決するのに時間もお金もかかります。最初から防水や断熱の方法、換気や除湿についてしっかり考えておきましょう。 水捨て不要の除湿機をつければとても便利です。また、コストは少しかかりますが、ドライエリアをつくるのもいい方法です。ドライエリアをつくると、通風だけでなく採光も確保しやすくなります。

現在は、インターネット環境が整ったこともあり、エンターテインメント性の高い設備機器は進化しています。とくに音楽や映像は、画質や音質が昔とは比べものにならない位向上しました。 そう言ったものを一戸建てに導入したいと考えるのは、自然の流れとも言えます。そう流れもあって、最近では地下室をつくってオーディオルームや音楽室として使う人が増えてきました。地下室は防音性に優れているので、音楽や映像を楽しむのに適しています。また、地下と言うことで、自分だけの秘密基地のような感じがすると言う人も多いです。 一戸建ての地下室は、容積緩和があるのでメリットは大きいのですが、条件にはどう言うものがあるかよく確認しておきましょう。


分譲住宅で楽しい生活

家の工事

分譲住宅は大量生産が容易で、そのため注文住宅よりも安く購入することができます。また分譲住宅を選ぶ際は、自分にとってどのような家が住みやすいのかを良く考えて購入するようにしましょう。

Read more »

住宅選びのポイント

窓の広い部屋

一戸建てに住む際には太陽が良く当たり、土地相場が変動しにくい南道路の家が最も良いとされています。また敷地延長の場所に家を建てる場合、工夫次第で安く住みやすい家をたてることができます。

Read more »


オススメリンク